« 子育てひろば 2月 | トップページ | 人形上演@S児童館 »

保手浜 孝 木版画展@画廊喫茶Cobu

3月7日(木)~19日(火)阿佐ヶ谷の喫茶Cobuにて、保手浜孝さんの木版画展を開催しました。

20130319ho1_w 保育と人形の会・高田千鶴子の主催で、CobuのYさんや元スタッフのHさんたちのご協力のもと、毎年3月の恒例行事になっていましたが、会場の喫茶店が今年の8月いっぱいで閉店することになり、21年目の今回が最後となってしまいました。

工藤直子さんのご紹介で保手浜さんと知り合い、そのお人柄と作品のファンとなった高田ですが、友人や保育と人形の会のお仲間たちも皆、保手浜さんの作品を愛してくださり、Cobuで働いていたHさんのつてで版画展を開くようになりました。毎年版画展に足を運び、お気に入りの作品を購入してくださる多くの皆さまに支えられ、長きにわたって続けることができました。
保手浜さんも毎年、版画展のために何点も木版画を制作してくださり、私たちは新作が届くのをいつも楽しみにしていました。

20130319ho2_w_2 今年は「風を切る」「バランス」「芽」「巡る朝」「鳥と人Ⅱ」「長い日」「歳月」「薫風」「ひだまり」「together」「牛」「with」「future」が掛けられました。(「薫風」と「with」は昨年の作品と同タイトルながら別の作品です)

保手浜さんの娘さんが編集・デザインを手掛け昨年11月に発行された、保手浜孝 木版画集「めぐる朝」も会場に置き、訪れた方々に見ていただくことになりました。画集には山口市内にある保手浜さんのアトリエの写真も掲載されていて、作品を制作なさっている姿や、緑の木々の中でスケッチをされている姿が写っています。庭に生える草花や現れる鳥や虫たち。日常の身近な自然の中で輝く命への眼差しが、作品に表れてるのだと感じました。

20130319ho3_w開催中は晴天に恵まれ、風の強い日もありましたが暖かな日が多く、常連さんをはじめ、たくさんの方々で賑わいました。

9日(土)午後には、突然保手浜さんご本人がいらっしゃって、偶然に居合わせた何人かのお客さまとお会いになったそうです。東京方面での用事のついでに立ち寄られたのだそうですが、主催者の高田もCobuのYさんも知らされておらず……。というサプライズもありました。

芳名録代わりのスケッチブックには103名の方に、保手浜さんへのメッセージなどを記していただき、版画展終了後にお送りしました。皆さんからのお言葉を読み、とても感激されたそうです。
何人かの方が書いていらっしゃいましたが、私もこの版画展でこれまでに展示してきた作品の画集がぜひ欲しいです。きっと、多くの皆さんが喫茶Cobuに通った思い出と共に画集を楽しむことができると思います。

« 子育てひろば 2月 | トップページ | 人形上演@S児童館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584016/57151717

この記事へのトラックバック一覧です: 保手浜 孝 木版画展@画廊喫茶Cobu:

« 子育てひろば 2月 | トップページ | 人形上演@S児童館 »