« 保手浜 孝 木版画展のご案内 2012年 | トップページ | ミトンくま講習@浦和 »

S保育園上演プログラムⅡ

2月6日(月)10:00~14:30 ―アトリエ―

先週に続き、保育園で上演する人形劇の練習をしました。メンバーはNさん、Jさん、Mさんと私C。「保育と人形の会」主宰のTが演出・指導。メンバーが集まっての練習は4回目で最終日となりました。

2~3歳児(1・2歳クラス)向けの上演前に、0歳児の保育室で赤ちゃんたち(1~1歳半位)に上演をします。
以下はそのプログラム内容と演出メモです。 『演目』 【人形】 <演者>

対象:1~1歳半児 約12人(保育士さんと共に参加)  時間:約15分

1.『うさぎさんがこんにちは』

  【ミトンうさぎ3体】を手にはめて保育室に入る<J・N・M>
  「こんにちは」「あそぼ」など、赤ちゃんのそばに寄って声を掛ける
  (舞台準備 使用する人形を入れた袋をついたての後ろに運び込み、人形をセッティング。ついたてに若草色の布を掛ける<C>)

2.『ちょうだいな はいどうぞ』Felt_fruits_web

  (1)【ミトンさる】<C>が籠に入れたフェルト製のくだものを持って、ついたて(舞台)のところに出てくる

  (2)【ミトンうさぎ①】<J>が「ちょうだいな」と【ミトンさる】 に声を掛け、さるはうさぎに「はい、どうぞ」とみかんを渡す

  (3)【ミトンうさぎ②】<N>が「ちょうだいな」と【ミトンさる】に声を掛け、さるはうさぎに「はい、どうぞ」とパイナップルを渡す                       くだものは「友の会」のバザーで購入

  (4)同様にして【ミトンうさぎ③】<M>はぶどうを受け取る

  (5)【ミトンうさぎ①~③】が赤ちゃんのMusagimsaru_webところに行き、「はい、どうぞ」と各々くだものを手渡す

  (6)今度は「ちょうだいな」と声を掛けて、赤ちゃんから各々くだものを「ありがとう」と受け取る。4回ほど繰り返して赤ちゃんみんなとのやり取りが終わったら、ついたての【ミトンさる】のところにもどって、さるが持っている籠に「はい、どうぞ」とくだものを入れる。さるは籠を持って退場する

  (7)【ミトンうさぎ①~③】をついたての後ろではずす

Hankydoll_web   3.『ちゅちゅこっことまれ』

  (1)【ハンカチ人形(クルリン)①】をついたての上に出し、人形を動かしながら「ちゅ ちゅ こっことまれ……」と歌う<C>、「とまらにゃ とんでけー」と歌いながら人形を<J>に渡す

  (2)【クルリン②】をついたての上に出し、人形を動かしながら「ちゅ ちゅ こっこ とまれ……」と歌う<C>、【クルリン①】<J>も一緒に歌う、「とまらにゃ とんでけー」と歌いながら<C>は【クルリン②】を<N>に渡す

  (3)同様にして【クルリン③】を出して<C>、【クルリン①・②】と共に歌い、<C>は【クルリン③】を <M>に渡す 

   (4)【クルリン①~③】が歌いながら赤ちゃんのところに行く、「とんでけー」で赤ちゃんが触れられるように近づける。何回か繰り返したら、歌いながらついたてのところにもどり「とんでけー」でついたての向こう側に去る


絵本『クルリン』(徳間書店刊)を参考に制作

Zousan_web

4.『ぞうさん』『ちょうちょう』

  ぬいぐるみの【ぞうさん2体】をついたての上に出し左右に揺らしながら<C>、みんなで「ぞうさん」を歌う、ぞうのところに【ちょう】が飛んで来る<N>、ちょうに導かれるようにぞうが退場する

  【ちょう】を飛ばせながら、みんなで「ちょうちょう」を歌う

Kobutasaru_web_2 5.『あくしゅでこんにちは』 (「手ぶくろ人形の部屋」偕成社刊 参照)

  【こぶた】と【さる】を使って<C>人形を動かしながら、みんなで「あくしゅでこんにちは」を歌う

6.『さよならあんころもち』

 【ミトンうさぎ3体】を手にはめて<J・N・M>「さよならあんころもち……」と歌いながら、赤ちゃんのそばに寄ってお別れのご挨拶をする
 (舞台片付け ついたての若草色の布をはずし、使用した人形を袋にしまう<C>)退室

* 司会進行役<J>が演目ごとのつなぎや演目中に必要に応じて赤ちゃんや人形に言葉を掛ける

* ついたての後ろ側にいる演じ手<C>も姿を隠さず、出遣いで人形を演じる

『はるののはらで』の「さるとちょう」の場面は、さるのセリフ(モノローグ)を入れることになりました。「たっぷたんたん」のうさぎの振り付けも、幼い子が観やすいようにシンプルにしました。

全体の流れはこなれてきたので、あとは各人が自分のパートを仕上げます。1年ぶりの保育園上演、子どもたちと会う本番の日が楽しみです。

« 保手浜 孝 木版画展のご案内 2012年 | トップページ | ミトンくま講習@浦和 »

人形上演」カテゴリの記事

保育園」カテゴリの記事

コメント

HPリニューアル&ブログ開設おめでとうございますhappy01

東村山でいつもお世話になっております「うちでのこづち」の、こまと申します。
詳しい内容でとても参考になりますsign03
(なかなかすぐに真似を・・・とはいきませんがcoldsweats01
昨年購入したクルリンも、練習して活躍させてあげなければ!と思いました。

ブログのコメントで失礼ですが、高田先生にもよろしくお伝えくださいませ。
またブログ記事を楽しみにしていますnote

こまさん、初コメントをありがとうございますhappy01

ガーゼのハンカチ人形・クルリンは赤ちゃん向けにピッタリで、よく使っています。
今回の練習で、クルリンの頭上の赤糸を結んである所にパイルゴム(「ことりん」の材料でも使っているもの)を付けたら、とてもかわいらしく華やかな雰囲気になりました。こまさんのクルリンもぜひ試してみてくださいねwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584016/53940639

この記事へのトラックバック一覧です: S保育園上演プログラムⅡ:

« 保手浜 孝 木版画展のご案内 2012年 | トップページ | ミトンくま講習@浦和 »