学童クラブ 7月

Kappa2_w 7月14日(金) 16:00~16:30

1年生3人(男2・女1)と2年生の女の子1人が参加してくれました。

本日の内容 (『演目』 【人形・小物】)

『かっぱ』(「ことばあそびうた」より) 【かっぱ】

 「ことばあそびうた」 谷川俊太郎/詩 瀬川康男/絵 福音館書店

絵本『ターちゃんとペリカン』読み聞かせ

 「ターちゃんとペリカン」 ドン・フリーマン/作 西園寺祥子/訳 ほるぷ出版

お父さんに「あたらしい ながぐつ なくすんじゃないぞー」と言われたターちゃんが、脱いだ長靴を砂浜に置いたままペリカンについて行く場面で、展開を先読みした1年生の男の子が両手で口を押え「あーっ」と心配している姿が印象的でした。

絵本『うみべのハリー』読み聞かせ

 「うみべのハリー」 ジーン・ジオン/文 マーガレット・ブロイ・グレアム/絵 わたなべしげお/訳 福音館書店

Kappa4_1w 『かっぱ』 【かっぱ】5体
「かっぱ」(我夢土下座/曲)の歌に合わせて皆で人形を動かして楽しみました。

「かっぱ」の楽譜は保育と人形の会の歌集「ぽぺっとのうた」に掲載しています。

学童クラブ 6月 (2)

6月30日(金) 16:00~16:40

Kaeru_3w 児童館2階の学童クラブ室を訪れると、クラブの子たちは4時半から児童館の避難訓練に参加するとこと。そこで「絵本と人形の時間」を早めに終えられるよう、読む本を変更しました。

1年生4人(男2・女2)、2年生男子と3年生女子の参加でした。

本日の内容 (『演目』 【人形・小物】)

『ピンときた!』(「のはらうたⅢ」より) 【かえる】2体で演じる

「のはらうたⅢ」工藤直子/詩 童話屋

わらべうた遊び『ぽっつんぽつぽつ』

絵本『みずたまレンズ』読み聞かせ

 「みずたまレンズ」 今森光彦/作 福音館書店

絵本『アカメアマガエル』読み聞かせ

 「アカメアマガエル」 ジョイ・カウリー/文 ニック・ビショップ/写真 大澤 晶/訳 富田京一/監修 ほるぷ出版 

『いなかのおじさん』 【指かえる】6体

わらべうた遊び『うえからしたからおおかぜこい』
 避難訓練の開始を待ちながら、たっぷり遊びました。

学童クラブ 6月 (1)

6月16日(金)16:10~16:40

Yubikaeru_3w 最高気温30度の暑さ。雨は降りませんでしたが、北の空からゴロゴロと雷鳴が聞こえていました。

1年生の女の子と2年生の男の子、そして久しぶりに3年生の女の子がふたり参加してくれました。

本日の内容 (『演目』 【人形・小物】)

『かえるの合唱』 【指かえる】

絵本『二ひきのかえる』読み聞かせ

Nihikinokaeru_w




「二ひきのかえる」 新美南吉/文 渡辺美智雄/絵 安城市中央図書館/刊

(家庭文庫「子どもの本の家ちゅうりっぷ」さんでお借りした絵本)

絵本『あまつぶ ぽとり すぷらっしゅ』読み聞かせ

「あまつぶ ぽとり すぷらっしゅ」 アルビン・トゥレッセルト/作 レナード・ワイズガード/絵 渡辺茂男/訳 童話館出版/刊

『ぱぴぷぺぽっつん』(まどみちお/詩) 詩を唱えながら皆で手遊びをしました。

「ぱぴぷぺぽっつん」 まど・みちお/詩 (所収「ぱぴぷぺぽっつん」 市河紀子/編 西巻茅子/絵 のら書店)

絵本『へそもち』読み聞かせ

「へそもち」 渡辺茂男/さく 赤羽末吉/え 福音館書店/刊

『かえるの合唱』 【指かえる】5体

子どもたちと人形を動かしながら歌いました。最後は輪唱に挑戦。3年生がしっかり歌ってくれたので上手く輪唱できました。

学童クラブ 5月 (2)

5月26日(金)16:10~16:40

このところの夏の暑さから一変、4月下旬の涼しさに。朝からの雨は午後には上がりました。 集団下校日だったとのことで遅くなったおやつの時間が終わるのを待ち、学童クラブ室の半分をアコーデオンカーテンで区切ってもらって「絵本と人形の時間」のコーナーをスタンバイ。ところが、昨年度まで常連だった女の子たちは「おままごと」や「宿題」を始めてしまい、参加してくれません。
1年生の男の子がひとりで参加してくれました。今日はその子に本を選んでもらうことにして、持参した4冊の表紙を見せました。選ばれたのは『アンディとらいおん』でした。
そこへ、学童クラブ外(児童館利用)の子が参加したいと言って来てくれ、1年生の女の子がひとり加わりました。

Hebi_3w 本日の内容 (『演目』 【人形・小物】)

『あいさつ』(「のはらうたⅠ」工藤直子/詩 童話屋 より)【へび】

絵本『アンディとらいおん』読み聞かせ

 

「アンディとライオン」 ジェームズ・ドーハーティ/文・絵  村岡花子/訳 福音館書店

 

 もう1冊の本は女の子が選ぶことになり、『おちゃのじかんにきたとら』を読みました。(なんと、2冊とも予備として用意していた本でした)

絵本『おちゃのじかんにきたとら』読み聞かせ

 「おちゃのじかんにきたとら」 ジュディス・カー/作 晴海耕平/訳 童話館出版

 とつぜん玄関に現れ「おちゃのじかんに、ごいっしょさせていただけませんか?」と言うとらに、お母さんが「もちろん いいですよ。どうぞおはいりなさい。」と言う場面で、「このお母さん、やさしい!」と女の子が呟いていました。

Tetunagisaru3_w 『あんよなげだすおさるさん』 【てつなぎさる3体】

 ふたりに7体の中から好きな【てつなぎさる】を選んでもらって、3人で「あんよなげだすおさるさん」に合わせて人形を動かしました。
その後、「かたをたたくおさるさん」「そらをおよぐおさるさん」「あたまをぶつけるおさるさん」「おさるをだっこのおさるさん」などなど。自然と動きに合わせて言葉が、言葉に合わせて動きが、次々と出てきて楽しく豊かな時間を共有することができました。

学童クラブ 5月 (1)

5月12日(金)16:00~16:40

Arinko3_w 日中の気温が28℃を超える暑さとなりました。

1年生の男の子ふたりと女の子ひとり(今年度の新入生で唯一の女子です)の3名が参加してくれました。

本日の内容 (『演目』 【人形・小物】)

『さんぽ』(「のはらうたⅠ」工藤直子/詩 童話屋 より) 【ありんこ】

絵本『おおきなかぶ』読み聞かせ

「おおきなかぶ」 A.トルストイ/再話 内田莉莎子/訳 佐藤忠良/画 福音館書店

絵本『ちょう あげはの一生』読み聞かせ

「ちょう あげはの一生」 得田之久/ぶん・え 福音館書店

絵本『はなのすきなうし』読み聞かせ

「はなのすきなうし」 マンロー・リーフ/おはなし ロバート・ローソン/え 光吉夏弥/やく 岩波書店

 一冊目を読んだ時には、立ち歩いていた子が、二冊目では絵本の前に後ろ向きに座り、「絵を見たくなーい」と言うので、私が「お話を聞くだけでも良いのよ」と読み始めると、いつの間にか前を向いて熱心に絵を見ていました。三冊目は最初から最後までジーっと集中して見ていて、その変化に私も絵本の魅力を再認識しました。

Mkuma_7w 『あんたがたどこさ』 【ミトンくま4体】

 皆でわらべうたに合わせて人形を動かしました。

 そのあと、『いとまきのうた』(香山美子/作詞 小森昭宏/作曲)を歌おうとの女の子の提案で、一緒に(1番の前半を)歌いながら【ミトンくま】で手遊びをしました。「♪でーきたできた くーまさんのおくつ」と女の子がかわいらしい声で歌ってくれました。

学童クラブ 4月 (2)

Mkuma_tan1w 4月28日(金)16:00~16:30

1年生の男の子3人と2年生の女の子2人が参加してくれました。

本日の内容 (『演目』 【人形・小物】)

写真絵本『葉っぱのあかちゃん』読み聞かせ

 「葉っぱのあかちゃん」 平野隆久/写真・文 岩崎書店

『くまさん』(まどみちお/詩)【ミトンくま】【たんぽぽ】

絵本『くわずにょうぼう』読み聞かせ

 「くわずにょうぼう」 稲田和子/再話 赤羽末吉/画 福音館書店

『おんなじおんなじ』『くまさんくまさん』 【ミトンくま2体】

子どもたちと『くまさんくまさん』 【ミトンくま8体】

1年生に人形のはめ方を教えていると、2年生は慣れた様子でひとりで2体を手にはめていました。皆で歌に合わせて動かす練習をした後、布をケコミ幕にしてスタッフ(1名)のお客様の前で演じました。

学童クラブ 4月 (1)

4月7日(金)16:00~16:40

Mogura_w

新年度初回は新入生が全員参加するスペシャルプログラムでした。母に手伝ってもらい、大型絵本の読み聞かせをおこないました。

新1年生男子8人に、いつも参加してくれている2年生の女子3人が集まってくれました。

本日の内容 (『演目』 【人形・小物】<演者>)

『づくぼんじょ』 【つくし】<C> 

『もぐらどんのおやどかね』 【もぐら】<C>

『おはながわらった』 【花と葉っぱ】<C> ギター伴奏<T>

『ちょうちょ』 【ちょう4匹】<C> ギター伴奏<T>

Gurigura_2w_4『ぐりとぐらの歌』(中川李枝子/詞 岡田京子/曲) ぬいぐるみ【ぐりとぐら】<C> ギター伴奏<T>

絵本『ぐりとぐらのえんそく』読み聞かせ<C> ギター伴奏<T>

 

大型絵本「ぐりとぐらのえんそく」 なかがわりえこ/作 やまわきゆりこ/絵 福音館書店

Kitunetanuki2_w 『ひとやまこえて』 棒人形【きつね・たぬき 12体】<C>

子どもたちに【きつね】と【たぬき】を持ってもらい、歌に合わせて人形を動かして楽しみました。最後に布を舞台にしてスタッフたちの前で演じました。

※『ぐりとぐら』の歌は『ぼくらのなまえはぐりとぐら』(母の友編集部/編 福音館書店/刊)の235頁上段に掲載されています。

学童クラブ 3月

3月17日(金)16:00~16:30

Tukusi_2w_2 今年度最後の「絵本と人形の時間」。1年生の女の子が3人参加してくれました。

本日の内容 (『演目』 【人形・小物】)

『づくぼんじょ』(わらべうた)【つくし】

『まいごになったおにんぎょう』読み聞かせ

「まいごになったおにんぎょう」 A・アーディゾーニ/文 E・アーディゾーニ/絵 石井桃子/訳 岩波書店

Kousagi_2_w 『おしらせ』(「のはらうたⅡ」工藤直子/詩 童話屋/刊 より) 【こうさぎ】

『春』(吉田トミ/作詞 井上武士/作曲) 【こうさぎ】

絵本『はるがきた』読み聞かせ

「はるがきた」 ジーン・ジオン/文 マーガレット・ブロイ・グレアム/絵 こみやゆう/訳 主婦の友社

Kogutasaru_2w_2 『あくしゅでこんにちは』(まど・みちお/詞 作曲者不詳)【こぶた・さる各3体】

今月いっぱいで卒会してしまう3年生の女子ふたりが加わって一緒に人形を楽しみました。

『うえからしたからおおかぜこい』(わらべうた)今日もRちゃんからのリクエストでした♪

学童クラブ 2月

2月17日(金)16:00~16:40

Musagi1_w_2

関東に春一番の風が吹き、最高気温も20℃となりました。
1年生5人、2年生1人、3年生1人の女の子たちが参加してくれました。

本日の内容 (『演目』 【人形・小物】)

『こんこんこやまのこうさぎは』 【ミトンうさぎ 2体】

絵本『ウルスリのすず』読み聞かせ

「ウルスリのすず」 ゼリーナ・ヘンツ/文 アロワ・カリジェ/絵 大塚勇三/訳 岩波書店

スイスの山の村で3月1日に行われる「鈴行列」(チャランダマルツ)というお祭り(大きなベルの音で冬の精霊を追い払い、春を迎える)のことを簡単に説明してから読みました。

『こんこんこやまのこうさぎは』 【ミトンうさぎ 7体】

 3、4人ずつに分かれて交替で人形を動かす練習をした後、ケコミ幕を使って、スタッフや1年生の男の子たちの前で演じました。

わらべうた遊び『うえからしたからおおかぜこい』

「おおかぜこい」(♪レーレレレー)を「はるかぜこい」(♪レレドドレー)に変えて歌いました。

人形上演@S保育園

1月23日(月)10:30~11:00 ―S保育園―

父母会からの依頼で毎年2月に人形上演を行っているS保育園。今年は園の都合で1月の訪問となりました。人形劇上演メンバー3人(Jさん、Nさんと私)で伺いました。

2歳児の保育室に0・1・2歳児クラスが集まり、1~3歳の園児35名が観てくれました。

プログラムの内容 『演目』 【人形・小物】 <演者>

司会進行<N>

手遊び歌『しもばしらがたおれた』(作詞者不詳 中島光一/曲)<N・C・J>

『ことりさんがやってきて』 【ことりん】<C>

絵本『ふゆのき』読み聞かせ<J>

 こどものとも0.1.2 2011年12月号 「ふゆのき」 ふりや なな/作 福音館書店

司会進行<J>

『ぽいぽいたいそう』 棒人形【こいぬ】<C・N>

20170123_1w_5

20170123_1w_6 人形劇『いっしょにあそぼ!』 【さる こぶた こうさぎ】<N・C・J>、キーボード伴奏<J>、ウッドブロック・鈴・スライド笛<N>

 ボールを蹴ったり投げあったりする場面では人形たちがボールをキャッチするたび、客席からペチペチと小さな手を叩く音が聞こえました。上演後、園長先生が0歳児クラスの子もよく見ていたと様子を知らせてくださいました。

 今回は新たな作品を作ろうと、昨年9月から月に1、2度「保育と人形の会」のアトリエに集まって練習をしました。登場する人形とあらすじを決めて脚本を書き、小道具を作り、実際に人形を動かしながら、セリフを変えたり足したり……。シンプルなお話ながら、竹馬やボール遊び、木登りなど、人形を演じる技術の難易度が高く、そこが見せ場でもあるので練習が大変でしたが、何とか公演できる仕上がりになりました。(手弁当で上演にご協力いただくJさんとNさんにはいつも感謝しています。)

Issyoniasobo_w_2

歌『しもばしらふみ』(まど みちお/詩 服部公一/曲)【さる こぶた こうさぎ】<N・C> キーボード伴奏<J>

【さる こぶた こうさぎ】でお見送り<N・C・J>

 舞台を片付ける間、一旦部屋から出る子どもたちや他の保育室へ戻る子どもたちを出口でお見送りします。劇に登場した人形たちと握手をしたり言葉を交わしたり。人形をこわごわ触ろうとする子、撫でたり、ギュッと抱きしめてくれる子もいます。幼い子にとって人形は自分の仲間であり、自分より小さな存在として可愛がる対象なのです。

舞台設営の際、挨拶をした保育士さんの顔に見覚えが……。次女が0歳児の時、Nベビー保育園でお世話になった保育士さんとの17年ぶりの再会でした。新任だった先生が今はベテラン。当時を懐かしく思いました。

«学童クラブ 1月